家定→家茂→慶喜


いま視聴率抜群で話題の篤姫に出てくる将軍三人だが、ここらへんの代の後継者選びってのは揉めに揉めたんだろうってのがしみじみと滲み出ている。

子がいない家定の後継者を、家茂(南紀派)にするか慶喜(一橋派)にするかで、それはもう揉めに揉めたそうで、ここでもう徳川家は終わったようなもんだったんだろう。


南紀派は紀州徳川家を推す勢力で、譜代大名が多い。
一橋派は水戸徳川家を推す勢力で、親藩と外様が多い。

紀州徳川家は八代吉宗が出てくるまでは将軍の後継者としては全く表に出てこなかったというか、出してもらえなかった家だが、吉宗以来イケイケで、ある意味徳川宗家の秩序を破壊した系譜。

水戸徳川家は、徳川分家の中でも特異な位置づけらしく、水戸家からは将軍を出さないという暗黙の取り決めになっていたらしい。

そのため、慶喜が将軍になる前段階として、一橋家の養子になることで、水戸徳川家から将軍を出したのではないという建前を用意する必要があったそうだ。

水戸徳川家は、徳川の中でも朝廷や豊臣恩顧に近い存在だったらしく、徳川本家の力が衰えてしまった際に、朝廷との顔をつなぐための保険として続いた血筋だったという説もある。

紀州徳川家から出た吉宗の行動からすると、紀州家はオランダとかなり密接だったらしく、ぶっちゃけやり口がユダヤの商人に近い。

吉宗は既存の武士社会の階級制度を破壊しかねない政策を断行したので、享保の改革の成功者としての功績はあるものの、各筋ではかなり憎まれていたそうだ。

水戸黄門では徳川の印籠を出すとみんなへへーっと平伏するのに、暴れん坊将軍で吉宗が上様だと知れても逆ギレしてやっちまえとなるのには、一応歴史的な下敷きがあったんですなぁ。

紀州徳川家の出の家茂が和子内親王を正室にしたのは、元々がオランダに近い紀州徳川家の将軍だと、攘夷派が納得しないから、皇室から嫁を取ることで攘夷派の大名に対して妥協して見せたということなんだろう。

ちなみに一橋家というのは、吉宗が立てた家で、水戸徳川家とは本来相容れない属性のはず。

南紀派の家茂が皇室から嫁を取り、水戸家の慶喜がわざわざ一橋を経由するなど、幕末の徳川家はどっち側の勢力にも顔を立てたどっち付かずの後継人事をしている。

それはつまり、徳川家にもう力がなく、諸勢力の顔色を伺わないと政権を維持できない状態だったということなんだろう。

となると、黒舟が来なくても、遠からず幕府は倒れてたんでしょうなぁ。